ゴーヤの肉詰め焼き

画像



横浜も梅雨が明けて夏本番です。
暑さに負けないように、夏野菜のゴーヤをメインに
食べやすく肉詰めにしてみました。



ゴーヤの肉詰め焼き 

【材料】

ゴーヤ        1本(20cmほど)
豚ひき肉       150g
玉ねぎ        小1/2個
卵           1/2個

塩           小1/2
コショウ        少々

小麦粉         適宜
油            適宜

【しょうゆあん材料】

だし汁          大4
酒             大1
しょうゆ          大1
みりん          大1
くず粉          小1(なければ片栗粉でもOK)




<作り方>

 ① 「ゴーヤ下処理」
画像画像
ゴーヤは3cm幅に切り分け、ワタをとります。

画像
ゴーヤリングがずらり!

画像
輪の内側に小麦粉をまぶしておきます。

 ② 「肉詰め」
画像
ひき肉・みじん切りにした玉ねぎ・塩・コショウを
良く混ぜ合わせます。

画像
肉だねをゴーヤに詰め、それぞれをさらに半分に輪切りにします。


 ③ 「焼く」
画像
フライパンに油をひき、ゴーヤの両面に焼き色をつけます。

画像
焼き色がついたら火を弱めてフタをし
蒸し焼きにします。

 ④ 「しょうゆあんを絡めて味付け」
画像
別の小鍋でしょうゆあんを作り、
③のフライパンへまわしかけて絡めたら出来上がり。


画像

画像



蒸し焼きのタイミングでゴーヤグリーンの鮮やかさが違います。
私は今回少々蒸しすぎたかな。残念
でも、ゴーヤの苦味と、お肉のジューシーさ、
しょうゆあんの香りとトロミで、大人はかなり喜んで食べました。

そう、子どもにはやっぱり苦味があるものはなかなかね。
で、肉だねの残りでチビバーグを作って(写真下)
子ども達にも喜んでもらえました

子どもの頃は絶対食べられないと思っていたゴーヤの苦味も、
ビールを美味しく感じ始める頃から、
この苦味がたまらなくなっちゃうから不思議です。

今は小さな子ども達だけど、あっという間に大きくなって、
一緒に飲んじゃったりする日も来るんだろうなあ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス