我が家の定番でおもてなし~鶏レンコンバーグ

画像




ずいぶん久しぶりに会う友人がうちに遊びに来てくれました。
子供が生まれる前以来なので、もう6年以上もあっていない友人。
でも、そんな時間を感じないくらい楽しくおしゃべりをしながら、
我が家の定番料理でランチタイムを過ごしました。


鶏レンコンバーグ 
【材料】


れんこん              一節

鶏ひき肉              240g
玉ねぎ               1/2個
人参                 20g
ひじき                5g
マッシュルーム          4個(30gほど)
ネギ                20gほど

塩                 小1/2
コショウ              少々
パン粉              30g
卵                 1個
しょうがしぼり汁         1かけ分

片栗粉              適宜

バルザミコ酢           大3
ケチャップ             大2
みりん               大1




<作り方>



 ① 「野菜下準備」
画像
れんこんは3~4ミリにスライスして、酢水につけ
あく抜きをしておきます。

画像
玉ねぎ、にんじんはみじん切りにして、
フライパンで玉ねぎがあめ色になるまで
炒めておき、冷ましておきます。

 ② 「具材を混ぜる」
画像
ボールに、鶏ひき肉、炒めた玉ねぎ・人参、細かく刻んだマッシュルーム、
ねぎのみじん切り、戻したひじきのみじん切り、
卵、パン粉、塩、コショウ、牛乳、ショウガのしぼり汁
を入れて、粘りが出るまで混ぜ合わせます。


 ③ 「ハンバーグの形に!」
画像
レンコンは水気を切って、片面に片栗粉を付け、

画像
片栗粉の付いた面に、肉だねをつけて形を整えます。

 ④ 「焼く」
画像
フライパンに油をひいて(分量外)熱し、
レンコン側から中火で焼きます。

画像
焼き色がついたらひっくり返し、フタをして弱火で
こんがりふっくらと焼けたら出来上がり。

画像



【マダムのひと手間~ソース作り】


レンコンバーグを焼いたフライパンに、
バルザミコ酢、ケチャップ、みりんを焦げないように
弱火で軽く炒め煮たソースを我が家ではつけて
いただきます。酸味とコクがちょうどいいソースです




このレンコンバーグに、前日たくさんつくっておいたおでん、
玄米ご飯に、ゆずと大根・青菜の澄まし汁、
手作り福神漬けを香の物にしてランチタイムを楽しみました



画像
食後には、超簡単!パンプディングを
デザートで準備してみました。
このつくり方はこちらから




画像
娘も幼稚園から帰り、少し遊んでもらったりしました
ありがとうね!!


この日来てくれた友人は、ダンス仲間です。
実は…ってほどでもないですが、
マダムは20代のころジャズダンスに熱中していました
体を動かすことと、音楽にのることが合わさるダンスは
心も体もリラックスデトックスな感じで…
2時間ほどのレッスンのなかで、自分の体の声を聴きながら、
外に向けて表現すること、表現するために体を作っていくこと、
とても大切で大事な時間になっていました。
そこでの友人はやはりとても大切な友人。
今日来てくれた友人は、歌手としても頑張っているんです。
ライブ活動や、ダンスとのコラボレーションを試みた舞台の準備、
刺激をかなり受けながら、私もガンバロって
思わせてもらって、二人してなんだか元気になりました。

また遊ぼうね!そしてありがとう!
そしてそして、これからもいい友人でいてね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス