我が家の「子どもの病気ごはん」

画像




子どもは抵抗力が大人に比べて低いですよね。
我が家の子供たちは、今までそんなに大きな病気をしたことがありませんが、
ちょこちょこと風邪をひいたり、ウイルスにやられたりします。
ありがたいことに、食欲はたいていなくなることがなく、
水分をしっかりと取りつつ、食べるものといえば、これ
 「ごはんに海苔」 なんです。
海苔は消化が良くないから…と、おかゆにしたりしたこともあったのですが、
食が進まず、大好きな海苔を巻いてあげて食べさせたら、ペロリ
以来、病気でも食欲があるときは「ごはんに海苔」が定番メニューとなっています。



今週、下の子が夜中に突然おう吐し、麦茶も吐いてしまう始末で
一日ほとんど食べられない日がありました。
食べさせてもすぐに吐いて、飲ませては吐いての繰り返しでしたが、
「ママ、おなかペコペコ」
と、食べたそうにしているので、こちらも恐る恐るでしたが、
「ごはんに海苔」を食べさせてみました。
一度はぜ~んぶ吐き出してしまいましたが、
なんと、また「食べたいっ」と泣かれ、
おかわりをあげました。


一日吐きっぱなしだったので、
ウイルスもそろそろなくなってきたのもあるのかもしれませんが、
おかわり分は吐き出すこともなく、
安心してすやすやと眠りについてくれました


病院の先生に、
「食べられないようなら、『ぬるま湯に塩と砂糖を混ぜたもの』を
ティースプーンなどで一さじずつ5分おきに与えると
点滴と同じような効果があるから」
と教えていただいていたので、
あまりに食べられなければそうするつもりにしていましたが、
なんとか乗り越えられたようでした。


それにしても、「食べる」ことは、生命力をつける本当に大切なことだなと
ぐったりしていたわが子がご飯を食べてめきめき元気になった姿を見るにつけ
改めて感じました。
もう一言付け加えれば、ごはんを中心に、少しのシンプルなおかずで、
体って元気に活動できるんだなとも。

これから年末に向けて、我が家でもちょっと脂の多い食事が続く予定では
あるのですが
体が喜ぶシンプルでエネルギーチャージできる
食事を、食卓にのせられるように
手作り生活を楽しもうと改めて思ったマダムでした。


マダムより読んでくださる皆様へ


子供の病気は(大人もそうですが)、千差万別ですよね。
我が家の「ごはんに海苔」は、病気の時にはこれがいい!と
推奨するつもりでこの記事を書いているわけではありません。
誤解を招いてしまっては申し訳ないので、
あえてこのように書かせていただきました。
今後ともよろしくお願いします

おしゃべりマダムより

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)