手作り「なめたけ」

画像




なめたけっておうちで作ったことありますか??
我が家の場合は、ビン詰めのものを買ったことしかなく、
しかも、全部食べきらないまま賞味期限を迎えることも
少なくありませんでした
 でも、この秋、新米の季節を迎えるにあたり、
生協の食仲間で「ごはんのおとも」企画を開催し、
「手作り☆なめたけ」レシピを作ってからは、
冷蔵庫の常備菜に仲間入りとなりました
 アレンジが効いて、手作りの優しい味わいを楽しめる
お助けハッピーアイテムです


手作り☆なめたけ 
【材料】



えのきだけ             200g
お好みのキノコ          200g
 
 ※ えのきだけ400gでもオッケー。トータルで400gのキノコになるようにします。
     私は、シメジ100gと生きくらげ100gで作りました。
     そのほか、ベーシックな「なめこ」もおいしいです。
     舞茸は香りが強いので、好みが分かれますが、
     いろいろ試すと面白いです

酒            大3
しょうゆ         大2
みりん          大1
生姜          ひとかけ(千切りにします)
酢            少々

削り節(細かいものを使用)    10gほど


【作り方】

① キノコは水洗いし、えのきだけは石づきを取って3等分にします。
  しめじなら、細かく小房にさいておき、生きくらげは細切りにしておきます。
② 鍋にきのこをいれ、酒をふりかけ、フタをし中火で蒸し煮にします。
③ しんなりしたらふたを開け、酢を少々振り、ひと混ぜしたら、
  しょうゆ・みりん・生姜を加えて、弱火で3分ほどまぜながら煮ていきます。
④ 仕上げに削り節を加えて、全体を混ぜて出来上がり。

清潔なビンなどに入れて、冷蔵庫で保存します。
3~4日で食べきります。




画像
画像
先日、広島から妹が遊びに来てくれ、朝ごはんのメニューに入れてみました。
上の写真、ものすごいでっかいお茶碗に見えますね


この「てづくりなめたけ」。
ご飯に本当によく合います。
あとは・・・



大根おろしと混ぜて、ゆずを散らしていただく
納豆と一緒に!
オクラや長芋などと一緒にネバネバ系で一品に
パスタなどにも
肉団子などと一緒に煮込んで、簡単なお鍋風にも

・・・などなど




あっさり醤油味なので、アレンジは本当によくきいてくれるアイテムです。
たくさんできたようで、あっという間に食べてしまいます

でも、ちょっと量が多いかなと思った場合は、
半量で作るとちょうどいいかも。



本当においしくて、ごはんが進んでしまいます。
要注意!!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス